さようなら シンジ

午後3時頃、港でおもてなし上手の黒猫シンジが

車に轢かれて死にました。

会長以下会員数人が見ている時の出来事でした。

轢いた車は止まりもせずに走り去ったとか。

ほぼ即死状態で、痛みを感じる暇もないうちに

息を引き取ったのはせめてもの事でした。

とても人懐っこい猫でした。

みんなに愛されていた猫でした。

シンジ  安らかに 合掌

えさもらったど~」

えさもらったど~

猫じゃらしで遊ぶシンジ

猫じゃらしで遊ぶシンジ

 

広告

さようなら シンジ」への4件のフィードバック

    • シンジの死には、皆悲しんでいます。

      埋める時に立派なカレイ(ヒラメだったかも)を
      一緒に埋めてくれた漁師さんがいます。

      あっちに行って食べろよ、という事でしょう。
      また、話を聞いて花束をお供えしてくれた方々もいます。

      確かに人懐こいが故に事故に遭ったというのは
      なんともやりきれないものがあります。

      でも、短い猫生でしたが、
      こんなにも多くの人の心にその姿を
      刻み付けて逝きました。

      今は私たちの思い出の中に
      元気に遊んでいるシンジの姿が
      永久に残っているのです。

      会を立ち上げてからでも
      何匹もの猫の旅立ちを見てきました。

      その時も私たちは悲しみにくれましたが
      その猫たちは写真の中に
      思い出の中に、今でも生き続けているのです。

      シンジも生きています。
      私たちが忘れない限りは・・・

      いいね

  1. ショックです…
    港の猫たちに会いに行くようになってから、一番最初に仲良くしてくれたシンジ。
    ずっとシンジの話をしています。
    ほんとうにやさしく楽しい子でした。
    話しかけるとまるで言葉が解るみたいに返事も挨拶もしてくれました。
    元気な姿を思い浮かべると涙が止まりません。
    たくさんの方々に愛されてました。
    きっと、これからも。

    いいね

    • ゆっこさん、コメントありがとうございます。シンジは本当におもてなし上手な猫でした。小さい子供にも人気がありました。尻尾が長くてツヤツヤの黒い天然毛皮、すらりとした体形で、このブログにも「踊るポンポコリン」と題したブログを載せています。シンジショックはしばらく続きそうですが、思い出を大事に残った猫たちの保護をしていきます。これからも支援おねがいします。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中