命のリレー

7月14日に生まれたボッチュの子ども3匹。

隠れ家から鳴き声が聞こえなくたって、

死んだのかな、と思っていたら生きていた。

見つけたのは3人の小学生の男の子

隠れ家のブルーシートを叩いたら鳴き声がした。

ブルーシートを開けてみたら、そこにいた。

まだ目も明かないボッチュの子、

1匹にハートマークがついていた。

男の子たちは頑張った。

注射器でミルクを与え、おしっこも出してやった。

汚れた子猫の体を洗い、服の中に入れて抱きしめて温めた・・・

でも、今朝、2匹ともお母さんの元へ行ってしまった。

残る1匹、駄目かもしれない。

そこへ救いの電話がきた。

由利本荘市の猫カフェ「柚の家」の伊藤さんから

「わたしが面倒をみましょう」

ああ、なんとうれしい申し出。

すぐにお願いした。

しかし、体温が下がり、呼吸も弱々しい、不整脈になっている。

とりあえず、体をペットボトルで体を温める。

精一杯生きようとするボッチュジュニア。がんばれ!

お湯を入れたペットボトルで体を温めているところ

 

ボッチは、かつて子育てが上手だったが、去年から上手に子どもを育てることが出来なくなっていた。

春と秋の2回出産したが、2回とも子どもを死なせてしまった。

今年はあまり乳が出なかったのかのしれない。

身体が大変で育児どころではなかったのかも。

生まれたばかりなのに、とても大きな声で鳴いていた子猫たち。

満足に乳を飲めなかったのかな? お腹が空いていたのかな?

今、「柚の家」の伊藤さんが必死に看病をしてくださっている。

ボッチュジュニア! がんばって! 生きて!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中