雨上がりの朝に

早朝、雨が降ったらしく、外に出ると地面が濡れていて

ラッキー! 今朝は花壇に水掛けをしなくてもいいなあと

空を見上げると、大きな虹が、西の空に掛っていた。

 

ペットはその命を終えると、虹の橋を渡って、そのたもとで飼い主が来るのを待っている、

という伝説があるが、きさかた港の猫たちも、そこで待っているだろうか?

今年の夏は、バタバタと猫たちが死んでしまったが、その子たちは

虹の橋のたもとで、誰を待っているのだろうか?

 

そんなことを思っていると、突然、Jアラートが鳴り響き、

「北朝鮮が飛翔体を発射した」と流れた。

これから、どうなるのだろうか?

猫との楽しい、癒しの時間も持つことができなくなるのだろうか?

 

人間の心もいつどのようになるかわからず、

誰かが、爆発しそうになったら、

「今、爆発するので、逃げてください」というような

人間用のJアラートがあればいいのに・・・

そうすれば、被害が最小限に抑えられるかもしれない(^◇^)

 

何かが起こる、ということは、原因があって結果があるわけで、

国と国ならば、その原因がわかりやすいかもしれないが、

個人の場合は、とんと原因が思いつかず、なぜこうなったのかわからない

場合も多い。

それでも、普通は何が原因かと考えるが、考えない人もいる。

というより、自分自身が原因になっていると思いもしない人もいるわけで、

それはそれで、人間観察という目で見ると、面白い事でもある。

 

言えることは、相手ではなく、自分の心をしっかりと持って、

何があっても動揺しない事、

我が身を振り返って、反省することがあったら、それを今後に生かすこと。

 

偉そうに書いてしまったけど、

生きていれば、いろんなことがあるさ!ということだ。

ケセラセラである。

この意味は、

「いい加減に生きるのではなく、肩の力を抜いて自然の流れに身を任す余裕を持つ」

ということだそうだ。

なんだ、猫の生き方そのものではないか。

少し、猫を手本に生きてみよう。

 

昨日、猫小屋に猫ベッドや敷物を置いた。

だんだんと寒くなっていくこれからの季節。

早めの冬支度である。

寄付してもらった猫ベッドもあります。

屋根の上にも、新しくハーフ毛布を掛けた。

青空の下、猫とくつろいでいる。

 

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中