1

ゆず、死す。

今年10月7日に生まれたババの子ども、ゆずが死にました。

12月9日から姿を見ないと心配していたのですが、

一週間後の23日、草むらに横たわっていたのを発見しました。

そばにババがじっと座っていたのだそうです。

 

丸々と育ったゆず。

この分では冬も無事に越せるだろうと思っていました。

なにしろ親と一緒でしたから、寒い夜でも大丈夫だろうと・・・

死因は寒さのようです。

ゆずは自分の名前も知らずに逝ってしまいました。

やはり、港の環境は厳しいです。子猫が生き残る確率は非常に少ないです。

親がいても生き残れないのですから・・・

今年は12匹生まれて全部死にました。

やるせない年の暮れになりました。

まだ生後2か月を過ぎたばかりでした。

広告
0

名前決定

港で生まれた子猫に名前が決まりました。

「ゆず」です。

まだ性別がわからないので、

でもこの顔を見ると、男の子かな?

寒そうに体を丸めているのを見ると

保護したいのですが、警戒しているので、

近づくと逃げます。

風邪をひかないで欲しいな。

ちょっと緊張?熊谷忠浩氏撮影

さて、もう1匹ニューフェイスの名前が決まりました。

「みかん」

大仙市の方がつけてくれました。

この猫は捨て猫ではなく、流れてきたようです。

避妊手術したばかり

猫小屋も雪囲いしました。

よしずに囲まれた中は暖かいです。

猫が出てこなくなった、という声が・・・(^◇^)

カラスにえさを取られることもなく、安心!

ハタハタ

今日の漁獲は少ないが、明日は大漁・・・だそうです。

オス3キロ1000円でした。

港の猫はハタハタには興味を持つことはありません。

なぜなら、もっとおいしい魚を食べているから(^◇^)

鯛とかヒラメとかメバルとか・・・

うらやましい・・・の一言です(^◇^)

0

ニューフェイスデビュー

いよいよ12月、象潟漁港にも雪がちらつき始めました。

冬将軍到来というところです。

ばば親子

そんな中、ババの子が姿を現しました。

この子は10月7日に生まれました。

ちょうど今日で2か月目になります。

ババが何匹子を産んだのかわかりません。

夏は5匹産んで全部死んでしまいましたが、

この子は十分に生育しているようです。

シャム系で目が青いです。

もう少し大きくなると、毛色が濃くなるかもしれません。

港で暖かく見守っていきたいです。

さてさて、この子の名前をどうしましょう。

どなたか考えてください。コメントに書いてくださいね。

この子が欲しいと思った方は一言声をかけてください。

黙って連れて行くようなことはしないでください。

心配するので。

猫小屋の屋根の座布団でぬくぬく💛

俺たちに、ごちそうありがとうよ😸

楽天ポイントでキャットフードを頂きました。

いつもありがとうございます。

猫に代わってお礼を申し上げますm(__)m

低く垂れこめた雲に隠れた鳥海山

港はハタハタ漁に備えて準備中です。

鳥海山の雪も大分だいぶ下まで積もっています。

旅雑誌『じゃらん』に猫に会えるスポットとして、港が掲載されます。

人間は写っていません。おそらく……。

来月号なのかな?

決まったら改めてお知らせしますね。