会長解任と木道設置

純白の衣を身に着けた鳥海山がその全貌を現した今日24日

午前中に象潟公民館で役員会が開かれました。

会長解任の緊急動議が出されて、

役員10人のうち2人欠席、8人出席のうち7人賛成で可決されました。

解任の理由として

1、役員会の軽視  役員会で決めたことを自分の感情で覆す。

2、会員、元会員に対する暴言、暴行。及び、高圧的な言動で発言や質問を封じる。

3、過去の会長の言動と現在の言動の矛盾

4、これらの言動を目にした人が、入会をためらう、退会を申し出る、など会の存続や活動に支障が出ている。

5、募金箱の鍵を勝手に付け替えた。24日までは当会への寄付金であることから横領に当たると考える。

また、手紙も入って入るとの情報もあり、この手紙も受け取っていないことから隠蔽と考える。

会長もこれらを受け入れ、

1、きさかた港猫を守る会の名称を使わない。

2、会の活動の妨害をしない

という誓約書を書いてくれました。

最後には役員全員の「これまでありがとうございました」という声に送られて退室しました。

会長を解任しましたが、これまでの会長の仕事を否定するものではありません。

彼がいたからこそ進んだこともありました。一緒に喜び、笑い、作り上げてきました。

それだけに去年の夏から始まった、さまざまな心のすれ違いには残念に思っています。

とにかく話し合いができない。この一言につきました。

「県の土地だから猫小屋は置くことはできない」「他の漁師たちから苦情が出ている」

この二つを権高に言います。

でも、「あなた自身がこの土地に設置したんでしょ?掲示板も募金箱も」

「どの漁師さんから苦情が出ているんですか?私たちが聞いている範囲では聞いたことがありませんが」

と私たちは言います。

この平行線が近づくこともなく、今日に至りました。

さて、詳しい事は後日にすることにして、

午後から懸案の木道を設置しました。

この木道についても詳しい事は後日に。

エサがこぼれないよう工夫しました。元会長もきれいに整備しようと言っていたのですが・・・

これまではエサがこぼれて見た目にも衛生的にもよろしくなかったので、

一枚板に縁をつけました。ここが猫の食堂になります。

道路から猫小屋まで、

木道を作ろうとしたのは、グチュグチュの地面を気にせず猫小屋まで行きたかったのと、

ここでエサをやってもらうことで、道路上で人が猫にエサをやって漁師さんたちの邪魔に

ならないようにと考えたからです。

元会長がこれに猛反対をしたため、構想から何か月も経ってようやくこぎつけました。

まだ整備途中だけど

掲示板の下に置いていた小屋も一直線に並べました。

これからカラス除けネットも張る予定です。

まだまだ寒いので、よしずは元のままにしました。

今日の分はここまで

水路上にかけていた橋もリニューアルしました。

この橋についても、元会長は新しくしなければいけないと言っていたのですが・・・・・・。

元々は猫が可愛いということで、会を作りましたが、いつの間にか向く方向が違ってしまったようです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中