0

台風一過

台風21号が通過した直後,北海道で震度7の地震。

災害列島の日本

被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

4日の夜から吹き荒れた台風は象潟漁港の

猫小屋を直撃しました。

猫小屋の覆いがひっくり返っている。

 

 

猫小屋もひっくり返っている。

覆いの後ろの板に通気口が無かったため、風が逆流したのかな?

掲示板横の松の木2本も倒された。

松って意外と根が浅いんだね。と猫が言う。

ボートも沈んだ。

猫小屋と松と一直線上の海の上に避難を忘れたボートが沈没。

たぶん、牡蠣を取るボート。

クレーンで引き上げられていた。

船外機はもうだめだろうなあ。

猫小屋の危機に、来れる人に連絡をしてすぐに復旧作業に入る。

力を合わせて覆いを元に戻した。

ちょっとひと休み

台風直撃を教えてくれた写真を見て

大変だ!木道がなくなっている!青ざめたが、

ちゃんとあったので良かった。

猫たちも元気だ。

なにもなかったような顔をしている。

松の木の撤去

このままでは枯れるだけだからと、2本あった松の木を撤去。

この松の木に直撃された掲示板、

倒れることも、ガラスが割れることもなく無事だった。

お疲れさまでした。

たまたま猫に会いに来てくれた秋田市のご家族。

松の木の片づけを手伝ってくれました。

ありがとうございます。

松の木が無くなって、なんだかすっきり。

作業が終わって解散。

その後の港は平常と何ら変わりもなく穏やかな台風一過の午後でした。

静かな鳥海山

工事中

港のヘドロを取っています。

エサ待ちの猫たち

まだ釣果はないの?とプレッシャーを与える猫

猫小屋の覆いはこれまでにもひっくり返ったことがあり、

これからの異常気象を考えると

また同じことが起こるかもしれないと

丈夫なものを作ることを検討することにしました。

ところで、デマに近い耳障りな言葉を耳にしました。

「猫の会は除草剤を使っているから、松の木が倒れたんだ。その証拠に猫小屋の前に草が生えていない」

それを聞いた人はいっとき、そうかと思ったそうですが、

「除草剤は上から枯れていくものだ」と否定してくれた人がいたそうです。

ものの分かっている人がその場に居てくれてよかったです。

そもそも、猫が歩くところに除草剤なんてまきません。

2017年10月13日撮影

上の写真を見てわかるとおり、最初から草はありません。

毎日のように草取りをし、雨が降ると水はけが悪いので

砂浜から砂を持ってきて撒いてきたその結果なのです。

会員の汗と努力の結果です。

周りの草も伸びてくると定期的に刈ってくれる人もいます。

その人が、今回の松の木も、電動のこぎりを持ってきて

切ってくれました。

みんな一人ひとり、自分ができることを率先してやってくれました。

これこそ本当のボランティア活動です。

このことがじわっと浸みてきてうれしい一日になりました。

 

広告
0

猫の譲渡会

時折激しい雨が降る中、金浦の白瀬記念公園で行われた

白瀬フェアの中で、猫の譲渡会を行いました。

新しくのぼりを作りました。

2種類ののぼりです。

場所は、売店の横で、店主のSさんのご厚意で場所を貸していただきました。

仔猫は全部で5匹でした。

以前からネット上で里親募集をしていた子猫2匹と他3匹です。

何回も港に来ているというご夫婦が

金浦に駆けつけて、2匹を貰ってくれることになりました。

ニコ。続けて呼ぶとニコニコ(笑)

ハチ。最近甘えることを覚えた模様。

2匹一緒に貰ってくれます。

良かった。良かった。

さて、9月23日に、にかほっとでも譲渡会を行います。

次の3匹の予定です。

3匹とも女の子で、5月15日生まれ。

☆きさかた港では、工事中です。

港の底にたまったヘドロを取り除いています。

8月18日撮影

里親が決定した2匹は、今週末に県南に貰われて行きます。

会員が自宅で見るのもあとわずか。

別れはさみしいですが、仔猫の幸せが一番です。

0

TNR補助金

春に生まれた子猫はだいぶ大きくなり、かわいい盛りです。

 

仲良し兄弟。一緒にお昼寝です。この2匹が9月1日の譲渡会にでます。雨天中止もあります。

親も子離れした頃ではないかと思われますが、

そうなると再び妊娠、出産となり

また新たな捨て猫が出ます。

これのサイクルを止めるために

避妊・去勢手術をしませんか?

当会では、TNRに対して9月1日からオスメスに関わらず

1匹3000円の補助金を出すことにしました。

補助金予算額は3万円。予算が無くなり次第終了です。

条件は次のとおりです。

          ・対象猫:飼い主のいない猫(手術後に耳カットをします)

          ・手術する病院:木村いぬねこ病院(金浦)

          ・頭数:一人につき1匹

          ・申し込み:事務局佐藤 080-1815-1632・木村いぬねこ病院 0184-44-8840

           当会としても初めてのことなので、

会員でもあり、アドバイザーでもある木村いぬねこ病院にお願いしました。

様子を見ながら徐々に他病院でも補助金を出せるように考えています。

お問い合わせ、ご相談は上記の連絡先にお願いします。

(公財)日本動物愛護協会でも避妊・去勢手術の助成事業を行っています。

TNR補助金

・対象猫:飼い主のいない猫

・補助金:メス10000円、オス5000円の助成

・申請から交付までの流れ:病院で手術、支払い後JSPCAウエブサイトより申請書をダウンロード。

手術後1か月内に必要書類と申請者の住所氏名を書いた未使用の官製ハガキ、耳カットした写真を添えてJSPCAまで郵送。審査の結果官製はがきで通知。そののち、口座へ入金。

詳しくはチラシ、JSPCAウエブサイト((公財)日本動物愛護協会)をご確認ください。

https://jspca.or.jp/

 

今年も悲惨な状況で発見される子猫がいます。

要らない猫、不幸な猫を増やさないために、避妊・去勢手術をしましょう。

0

耳カットてなぁに?

時々、港の猫を見て、

どうして、耳が切れているの?

かわいそう、けんかしたの?

と聞かれることがあります。

でも、これは避妊・去勢手術をしたという印なのです。

写真のお母さん猫の耳を見てください。

まっすぐに切れてますね。

痛々しいように見えますが、

手術後、麻酔が効いている間にカットするので、

出血もないし、痛みもありません。

病院や地域によって、このカットがV字型になっている場合もあります。

そういう猫は「さくら猫」と呼ばれていますが、

当会では、まっすぐにカットしているので、普通に「地域猫」と呼んでいます。

また、左右でオスメスを区別するところもあるようですが、

当会では区別をしていません。

以前はカットではなく

ピアスをつけた地域があったそうですが

どこかに引っかかったり、けんかで取れたりしたこともあり、

そうすると、メスの場合、手術の有無がわからないので、

今は耳カットを推奨しているようです。

当会が行っている活動は、

港の猫の管理と共に

TNRも行っています。

TNR活動とは、世界中で行なわれているボランティア活動で

「T=トラップ」「N=ニューター」「R=リターン」という言葉の頭文字から作られました。

また、「地域猫」というのは、

不幸な猫が増えないよう、いらない仔猫が増えないよう、

手術をしてえさ、トイレなど適切に管理することです。

象潟漁港での当会の活動は、きちんと管理されているとの自負があります。

それは他県から見えた方々が、けっこう

「猫小屋もあって、きれいだし、野良猫なのにおもてなしをするなんて見たこともない」

と言ってくださるからです。

ちょっと自画自賛でしたね<m(__)m>

ところで、9月1日の譲渡会に出る子猫は

この写真の2匹です。

3か月になりました。

クロハチは男の仔で、甘えてエサをねだります。

黒のシマの仔は女の子で、クロハチよりも強いです。

この子たちにも新しい飼い主が現れますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

0

仔猫の譲渡会 

8月18日(土)10:00~14:00

にかほっとで、生後2~3か月の仔猫5匹が

里親募集の譲渡会を行いました。

猫が好きな人を待っています。

にかほっとは多くの来客で賑わっており、

徐々に仔猫を見る人も増えました。

仔猫をだっこしてみれぇ。

新潟から帰省して、これから自宅に帰るという5人家族のKさん。

全員が猫好きで。三毛ちゃんを貰っていただきました。

今はすっかり慣れて元気に遊んでいるそうです。

Kさんからは後日5千円の寄付金を頂きました。

ありがとうございます。

14:00にかほっとから港に移動。

話を聞きつけた地元の人が駆けつけ、

この仔をもらって頂きました。

ありがとうございます。

全ての仔猫に幸せを!!

9月1日の白瀬フェアでも、仔猫の譲渡会を行います。

10:00 ~14:00駐車場売店横で待ってます。

来てね。

0

里親募集 2

里親募集している子猫のうち2匹が貰われました。

2匹一緒でよかったね。

片目が見えない仔と

赤いリボンの仔

姉妹が一緒でよかったね。

片目が見えない仔はカギしっぽ。

きっと飼い主に幸せをもってくるね。

引き続き、残りの仔も募集しています。

ニィコ メス

落ち着きはらって、箱座り

でも甘えん坊で、お母さんのおっぱいにまだしがみついている。

ハチクロとお母さんと一緒にゴロゴロ ゴロゴロ ゴロゴロ

すごくうるさいのに、見ていると

なぜか眠りに陥ってしまう。

不思議だ。

チャチャ メス

チャチャは生後2か月くらいと推定するものの

体は1か月くらいにしか見えない。

よほど辛い野良生活をしてきたのか。

まだ小さいのに

ルル 女の子

チャチャとほぼ同じくらいの月数とみるが、

チャチャと比べると大きい

もっとも、ルルの大きさが正常

チャチャが来たことで、お姉ちゃんになりました。

ハチクロ オス

ニィコとハチクロは体重が1キロ前後になりました。

ハチクロは満腹状態で目がトロンとしていますが

いつも元気にはしゃぎまわっています。

ちょっとビビり(*^。^*)

8月5日 譲渡会を行う。

前日まで30度越えの猛暑だったのに

なんでこんな日に雨が降るかなあ。

土砂降りじゃん(怒)

誰も来ず(涙)

夏仕様 日よけ、雨除け

猫は相変わらず好奇心旺盛

パラソルの下に陣取ってひと休み

雨の合間に楽天ポイントからの寄付のキャットフードの撮影

今回は29回目、30回目の2回分です

早速点検する猫たち

今回はおやつが多いなあ

お、これは俺様好みだ。

猫 あるある

おやつよりも箱じゃあぁ

そして、港に来てくれた方々からのキャットフードの寄付

うれしいです。

皆様に支えられての守る会です。

同日役員会も行いました。

9月に、猫の勉強会、TNR活動している人への応援をする予定です。

午後4時頃に雷のおまけつきで土砂降り

猫たちは慌てて、尻に帆掛けてシュラシュシュシュと

猫小屋やあちこちに雲がくれ

そして、誰もいなくなった・・・

そして、誰もいなくなった

人間たちはパンツまでぐっしょりとなって

帰って行きましたとさ めでたしめでたし (*^。^*)

 

 

 

 

0

里親募集

いろいろな縁で港に来た子猫ちゃんたちの里親募集をしています。

かわいい盛りの子猫ちゃんに幸せを!!

左から青ちゃん、黄色ちゃん、赤ちゃん、ハチクロくんです。

この子たちは5月5日に生まれました。

カリカリを食べて、トイレも自立しています。

ハチクロくん以外は全て女の子。

ハチクロくんは男の子らしく体が大きく、でもやさしい子です。

青ちゃんは片目が病気のため目が見えませんが、

みんなと一緒に元気に遊んでいます。

4匹ともブロードライン接種済みです。

ルルちゃん、女の子

困ったちゃん眉がかわいい三毛のルルちゃんです。

前の4匹よりも少し小さくて2か月になるかなあ、

ならないかなあぐらいでしょうか?

カリカリデビューはまだだけど、トイレはちゃんとできます。

可愛がられています。

先住猫のチロちゃんに抱っこされてうれしいルルちゃんです。

この5匹の貰い手を探しています。

可愛がってくださる方、お待ちしています。

連絡は 080-1815-1632 佐藤まで